タイルテラス(6) 基礎 生コン打ち

ポンプで生コン打ち

いよいよ!生コンを打ちました(爆)

今までのDIYの中でも難易度が高く、失敗が許されない工程となる生コン打ち。
もし失敗してしまうと、膨大な時間の損失と産業廃棄物を生み出しますww

なので、何回も確認・レベル隅だしを行いました。

近所の建材屋さんに生コンとポンプ車を手配。

まず、材料を頼むのに●●㎥(リューベー)いるのか自分で計算しました。
奥行3.5M×幅6.2M×厚み0.1M(10センチ)=21.7㎥でした。

事前に相談しに行ったら、「一回見に行きます」とわざわざ来てくれました。
そしてどのくらいの量が必要かも確認してくれました。助かる~

道路から20M先が庭で、隣地との境界線が1M無く、生コン車を横付けで流し込むことができないためポンプ車の見積もりも頼みました。

生コン代・ポンプ車込で7万円位でした。
痛い出費ですが、DIYじゃなく業者にやってもらうとこんなもんじゃ済みません!
材料を運んだり生コンを練る労力のことを考えたら、安いもんですね。
実際ホームセンターでセメントと砂と砂利買って練ったらすごい金額になっちゃいます。

早速注文しました。工事日時を確認していよいよ当日。
でもでも、朝8時おきの私にはキツイ7時半に業者さんが来るそうです。

生コン打ち 早朝からの作業です!

ポンプで生コン打ち
生コン車の登場!! テンション上がる~

ポンプ車
ポンプ車の会社は偶然にも同じ町内でした。すごくよくしてくれました。

さあ、いよいよ生コンを流していきます。

ポンプ車のおじさんにポンプを持たせてもらいましたが、重たいです。
これに生コンが入ってしかも足も生コンなので相当な筋力と体力が必要だと思いました。

生コンを流しだして、あらかじめ高さを墨だししておいた高さまで均していきます。
ブロック部分は墨ツボで、何もないところは鉄筋の余りを刺して高さをだしておきました。

ポンプで生コンを送る
どろどろと生コンが出てきます。
どんどん長靴に生コンが流れていきます。

あれ?
足が動かない。

これ、本当にやばいくらい足の筋トレになると思います。
歩くこともままならない状態で、どんどん生コンは流れてくるし必死で手作りトンボで均していきました。

生コンがどんどん入っていく割に、僕の動作が遅すぎて生コンのおじさんとポンプ車のおじさん2人がしびれをきらし手伝ってくれました。ほんとうだったらとっくに終わってたはずなのにすいません・・・

DIY生コン打ち とんぼ

8時に生コンを流しだして、9時くらいに完了。約1時間の過酷な筋トレでした。
でも二度と経験できないことができたので、すごく楽しかったです。

また、2人のおじさん達が優しくて本当によかった。
一人だったらとっくに均し終わる前に固まってしまっていた。
本当にありがとうございます。

タイルテラス 生コン打ち完了
タイルテラスの完成イメージができてきた!

タイルテラス基礎 階段
階段も!

生コン 鏝
大きい鏝(こて)も貸してくれました!!
ありがとうございます。お金払いに行くとき返しに行きますね^^

いよいよ、基礎が完成しました。
次回はタイル等を注文したり、タイル貼りの段取りをします!


ブログランキング参加中!応援よろしくお願いします^ ^

↓↓ぽちっとおしてもらえるとやる気がでます!

にほんブログ村 住まいブログ DIYへ
にほんブログ村
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る